通年で旬の味が楽しめる

沖縄県は近海に漁場があることから、全国的にも有数の生鮮マグロの産地となっています。

また、県内で水揚げされるマグロの約半数は那覇市で水揚げされていることから、那覇市はまさに水産資源の宝庫。

「本マグロ」「キハダマグロ」「メバチマグロ」「ビンナガマグロ」それぞれ旬の時期が違うので、年間を通して旬のマグロを味わうことができます。

生鮮だから、おいしい。

沖縄近海の海で獲れ、冷凍保存することなく水揚げされるので、冷凍マグロのように解凍時に栄養分が出てしまうこともありません。

また、マグロ(特に赤身の部分)は、ほどよい熟成期間があるほうが、肉の旨味成分が出ておいしくなるため、漁船でほど良い時間が経過し水揚げされる沖縄のマグロは旨味成分が増したおいしい時期に流通することになります。

ビンナガマグロ(トンボマグロ)

マグロ類の中では比較的小型で、体長は1メートル前後のものが多く、胸ビレが長いのが特徴です。

長い胸ビレを広げて泳ぐ様子がトンボに似ているということから「トンボ(トンボマグロ)」とも呼ばれます。

肉質は見た目が桜色で味は淡白なためシーチキンの原料などに使用されることも多いマグロですが、最近では、特に脂の乗ったビンナガを「ビントロ」と呼ぶようにもなっていて、メバチやクロマグロにも引けを取らない美味しさだと評判にもなっています。

キハダマグロ

成長すると全長2メートル以上、重量200キログラム以上になる中型のマグロです。

成長とともにヒレが黄金色になることからキハダと呼ばれています。英名も日本名の由来と同じく「黄色いヒレのマグロ」という意味で「Yellowfin tuna」と呼ばれています。

透明感のある美しい薄紅色の赤身は、脂肪分が少なく身がしまっているのが特徴。刺身のほか、焼き魚、唐揚げ、カルパッチョなどの料理にも適しています。

メバチマグロ

体長は約2メートル。

目が鉢のように大きく、ぱっちりしているため、メバチと呼ばれています。英名でも、「大きな目玉のマグロ」という意味の「Bigeye tuna」と呼ばれています。

クロマグロに比べ脂は少なめであっさりした味わいですが、赤身が濃くトロの部分も味わうことができます。

お刺身に適しており、お刺身用での流通量は、キハダを上回って一番多いマグロです。スーパーや町の魚屋さん、寿司屋やレストランなどで目にするマグロの多くがメバチマグロとなっています。

クロマグロ(ホンマグロ)

マグロ属に分類されるマグロ類の中では最大種のマグロで、大きいものでは全長4メートル以上、体重600キログラム以上にもなります。

様々なマグロの品種の中でも最高級品に位置付けられ「黒いダイヤ」の異名を持つ希少なマグロです。海面近くを泳ぐ様子を上から見ると黒い影のように見えるのでクロマグロと呼ばれますが、英語圏では「Bluefin tuna」と呼ばれます。

寒い海域にも泳いでいくクロマグロは体を大きくして脂をためているため、脂のりもよく、ツヤのある赤身と、大トロの深みのある味わいを楽しめます。

那覇で水揚げされる主なマグロ

那覇市内で水揚げされる主なまぐろの種類は4つあり、
それぞれの旬の時期がずれていることから、
通年で新鮮な“生鮮マグロ”を食べることが出来ます。

それぞれのマグロには味や食感など特徴があり、
それに合わせた調理を行って食べるのが一般的。

刺身や寿司といった生食一辺倒ではない、
様々な料理を楽しむことができるのが、
なはのマグロというわけです。

season calendar